むくみとは何か。むくみ体質を変える習慣

一日の仕事も終わり、夕方になってくると体もむくんできますよね。
一体むくみが起こるメカニズムとはどういったものでしょうか。

むくみとは体内の組織など血管の外に、余分な水分が溜まった状態のことで
それを血しょう成分(血液の液体部分の事)で血液が運搬してきた栄養部分や酸素を
腎臓や肺などの組織に運んでゆき、それが過剰に溜まるとむくみという現象が起こるんですね。

その原因の一つに人間の体の構造の問題で、人間は長い歴史の中で4本足から2本足歩行に変化したことで
下半身から心臓が遠くなり、浄化させる静脈の負担が大きくなってきます。
それが血行が悪くなりやすく、むくみが生じやすい原因の一つになる訳です。

夏におすすめ。むくみを撃退する「ルイボスティ

rui

アフリカが産地で奇跡のお茶と称されている飲み物がありそれがルイボス茶です。

ルイボス茶の原料であるアスパラサスリネアリスの5メートルにも及ぶ根は
この山脈の土壌でしか生育できず、農薬と化学肥料が一切使われていない農法で細心の注意が払ってあり、自然の万能薬と言われています。
なので、妊娠中の女性や、お子様も安心して飲めるので、うれしいですよね。

 

飲み方としては5分以下と比べて10分以上煮出すと抗酸化作用ははるかに強くなり
更にティーパックを浸したまま、冷やすと作用が強くなります。
活性化酸素除去作用も強くなり効き目が上がるでしょう。
1日2~3杯以上を1~3週間、継続的に飲むことで効果がでるようです。

個人差によるでしょうが、便秘とかゆみにいいらしいですよ。
毎日の生活習慣を見直すことで、むくみやすい体も、むくみにくい体に
変化するでしょう。