むくまない身体を作るための生活のコツ

顔や脚のむくみのせいで、太っているわけではないのに太って見えては、せっかくダイエットをしていても台無しですよね。

見た目の問題だけでなく、肌荒れと同様、むくみは大事な体からのサインです。

つまり、むくみを防ぐ生活習慣を身につけることは美容面と健康面の両方においてメリットのあることなのです。 むくみの主な原因は冷えや塩分過多からくる、体内の水分のバランスが崩れていることにあります。ここから、むくみを防ぐ生活習慣を考えてみましょう。 まず、冷えの防止です。

冷えの防止

jibdij

冷え性の方は、体質もありますが、まず身体の血行がうまくいっていません。

全体的に局所的な筋肉しか使っていない立ち仕事や、逆に座りっぱなしのオフィスワークの方などは、よくなりやすい症状だと思います。

まず、立ち仕事の方ですが、お仕事の合間に屈伸やその場でつま先だけのアップダウンを繰り返すなど、軽度のストレッチをするのが効果的です。制服の方が多いので、ヒールを履いている時間が多いと思います。ヒールも血行を悪くしてしまう原因の一つなので、そういった方はトラベル用のフラットシューズなどを持ち歩き、休憩時間などの勤務時間以外は履き替えるのが良いと思います。

次に座り仕事の方ですが、立ち仕事と同様、軽度のストレッチが効果的です。また、冷暖房で足だけ冷えるということもありますので、ブランケットを持参するのが良いでしょう。さらに、ブランケットなどがあれば隠れてできる筋力アップが、座っている時に膝の間に本を挟んでおくことです。

膝は気を抜くとすぐに開いてしまうので、こうする事で膝を閉じた状態を保ち、内腿の筋肉をつける事ができます。また、伸びなどをして、上半身をほぐしたり、腰を冷やさないことも大事です。 次に食事ですが、冷たいものを摂りすぎない、コーヒーなどの身体を冷やさないことが重要です。しかし水分不足はこれもまた代謝を落とすので、常温のミネラルウォーターをこまめに飲む習慣を身につけましょう。

塩分はむくみの大敵

odhuo

塩分がむくみの原因になることは有名ですが、実は糖分も同様です。

塩分を摂取し過ぎることで、体内のナトリウム量が増加し、ナトリウムの運び役であるカリウムが減少してしまいます。むくみ解消ガイド |むくみを取るための3つのポイント

ですので、味の濃いものはなるべく避けたほうが良いです。逆に積極的に取り入れたいのは果物や生野菜です。キュウリや茄子などの夏野菜は塩分の排出を促すカリウムが豊富なものが多いのでオススメです。

しかし、これらの夏野菜は同時に体温を下げる効果も持っているので、それだけ食べていてはいけません。きちんと主食やタンパク質と一緒に摂取してください。 アフター5は、お酒などは嗜む程度にし、飲むときはお湯割など少量で満足できるものを飲みましょう。この時、アルコールを分解するのに体はかなりの水分を使います。ですので必ずチェイサーにお水やお茶を飲んでください。 夜は忙しくて毎日は無理でも、温めの湯船にゆっくり浸かる時間を取り、きちんとストレッチをして眠ることをオススメします。

いかがでしたか?余分なお金をかけずに綺麗に健康にむくまない生活習慣を明日から身につけてみましょう。

むくみとは何か。むくみ体質を変える習慣

一日の仕事も終わり、夕方になってくると体もむくんできますよね。
一体むくみが起こるメカニズムとはどういったものでしょうか。

むくみとは体内の組織など血管の外に、余分な水分が溜まった状態のことで
それを血しょう成分(血液の液体部分の事)で血液が運搬してきた栄養部分や酸素を
腎臓や肺などの組織に運んでゆき、それが過剰に溜まるとむくみという現象が起こるんですね。

その原因の一つに人間の体の構造の問題で、人間は長い歴史の中で4本足から2本足歩行に変化したことで
下半身から心臓が遠くなり、浄化させる静脈の負担が大きくなってきます。
それが血行が悪くなりやすく、むくみが生じやすい原因の一つになる訳です。

夏におすすめ。むくみを撃退する「ルイボスティ

rui

アフリカが産地で奇跡のお茶と称されている飲み物がありそれがルイボス茶です。

ルイボス茶の原料であるアスパラサスリネアリスの5メートルにも及ぶ根は
この山脈の土壌でしか生育できず、農薬と化学肥料が一切使われていない農法で細心の注意が払ってあり、自然の万能薬と言われています。
なので、妊娠中の女性や、お子様も安心して飲めるので、うれしいですよね。

 

飲み方としては5分以下と比べて10分以上煮出すと抗酸化作用ははるかに強くなり
更にティーパックを浸したまま、冷やすと作用が強くなります。
活性化酸素除去作用も強くなり効き目が上がるでしょう。
1日2~3杯以上を1~3週間、継続的に飲むことで効果がでるようです。

個人差によるでしょうが、便秘とかゆみにいいらしいですよ。
毎日の生活習慣を見直すことで、むくみやすい体も、むくみにくい体に
変化するでしょう。

妊娠中や産後のむくみの解消法について

若い頃はそうでもなかったように感じますが、年を重ねるごとに顔のむくみが気になるようになりました。

 

特に働くようになって生活のリズムが不規則になって、寝不足の時などはかなりむくんでしまっています。 あとはお酒を飲み過ぎて寝て、起きた朝鏡を見ると自分の顔のむくみ具合に自分でも驚いてしまうほどです。 まあ、普段の食生活や質の高い睡眠がしっかりしていればかなりむくみになりにくいのだろうなあ、とは思いますがなかなか難しいものです。

 

あとは妊娠中や産後には、とてもむくみやすい身体になっていて、体重が変わった訳でもないのに、顔がパンパンになりました。妊娠中のむくみは1番の悩みかもしれません。

とにかく、むくみにはカリウムが重要のようです。

pis

むくんでしまった顔の対処法として一番やっていることは、とにかく冷たい水で顔を洗うという事です。 とにかく冷やすという事でなんとかしようという考えではありますが、これは正直効果があるのかはわかりません。

 

それからある有名なアイドルの方も行っているという方法が、サウナに入るというものがあります。 この方は起きてサウナに入ってから人と会う、というようなことをおっしゃっていてかなり寝起きの顔がむくんでいるそうです。

 

この話を聞く前からサウナにはよく入っていて、その効果はかなりあると思っています。 顔だけでなく、全身のむくみにもききそうですし汗もたくさんかくので他の部分もよくなるのではないでしょうか。 さきほどの冷たい水で洗顔と逆で温めるという方法ですが、こちらのほうがもしかしたら正解なのかもしれません。 サウナに入らなくても顔を温めるパックのようなもので代用しても同じような効果があるような気がします。

足のむくみは根本から直すことをオススメします。

女性は体のむくみを感じることが多いです。立ち仕事や座り仕事などで1日中同じ姿勢でいたり生理前や生理中なども、特にむくみを感じます。足が特にむくむ場合は寝るときに足を少し高くして寝ると翌朝スッキリします。

hiab

時間があればお風呂のなかで湯船に浸かりながら足を念入りにマッサージします。足の指の付け根をほぐしたり、ふくらはぎをよく揉んだりすると効果的だそうです。また食べ物でもむくみの解消に繋がるようで、バナナや夏であればメロンなどが利尿作用があってむくみ解消に繋がります。利尿作用のあるものを飲んだり食べたりすることによるむくみは一時的に解消します。

塩分を摂りすぎるとむくみやすくなるので、塩分控えめで薄味を心掛けるとむくみの解消になります。一時的なむくみは利尿作用のある食べ物や塩分を控えた食生活で改善されるのですが、根本から直すには、筋力を付けることと冷え性を直すことです。

足がむくむならば、足の筋力をつけていくことで足に水分が溜まらなくなります。マッサージやストレッチで改善されるようなので、毎日無理のない程度にマッサージやストレッチをするとむくみの根本的な改善に繋がります。

またお風呂では水とお湯のシャワーを交互にかけるのもいいです。そうすることで血行がよくなってむくみの改善に繋がります。また夏場でも冷たいジュースを避けて常温で飲み物を飲むと冷え性の改善にも繋がるので、熱い夏に冷たいものをグッと飲みたいところですが体のためには常温で飲むことで冷え性も改善し、足のむくみ解消にも効くと思います。

またサプリメントで手軽にむくみを解消したい場合はメリロートというサプリメントを飲むと効果があるようです。

足がむくみやすかったですが。

足のむくみに気づいてからは夏でも冷やさないようにしていますし、水分、塩分の摂り方にも気をつけていますが、それでもすっきりしないこともあります。

ちょっと油断して外食時に飲みすぎや食べすぎになったときにはためらわずに栄養補助食品の力をかりています。

むくみ足

ドラッグストアだけでなく、コンビににも目的別でセットになって売られる栄養補助食品の数々。ドリンクもぐっと豊富になりました。

自分のことを後回しにするのはかえって家族に迷惑をかける、と寝込んだときに猛省している私は
ここはもうひとふんばり」なときにはその品揃え豊かなサプリセットからお気に入りのものをいつも頼りにしています。
つかれがたまるとでてくるむくみ。そのサインを見逃さずにすぐ対策をすると効果があります。

そもそもなぜむくむのか。余分な水分を排出できない。つかれているのに栄養が足りてない。代謝も悪くなっている。
カリウムやビタミンの不足を補ってできるだけ良質のたんぱく質を摂る。繊維質の食品も忘れないように。

必要不可欠な栄養素を満たせるよう丁寧な食生活が重要なのは言うまでもありませんが、代謝が落ちていくのもやや仕方のないこと。
そんな体をいたわろう。そんな気持ちでサプリの助けもかりてみてはいかがでしょうか。

代謝を揚げるためのマッサージやクエン酸の摂取などもよいようです。

5分でも自分の時間ができたら、日常生活に向き合って最近の自分に足りないものをチェックしてみましょう。

妊娠中のむくみについて

最初の妊娠の時に、いろいろ分からなかったもので、つい食欲のおもむくままに食べてしまい、体重を増やしすぎてしまいました。

体重管理に完全に失敗してしまい、妊娠中期ぐらいから、検査でいろいろ異常値が出てひっかかるようになってしまいました。

主治医の先生が、足に触れて、「むくみも出てきたね。」とおっしゃいました。確かに足がむくんできたことには気がついていました。

それまでの靴がきつくなってはけなくなり、夏でもあったので、サンダルばかりはくようになっていました。
尿検査で糖が出たり、タンパクまで出たりして、むくみも出てきたとなると、妊娠中毒症の危険が増えてきたということになります。
「お産が早まってしまうかもしれません。」
と先生に言われたのですが、あまり実感がなく、そのままの生活をしていました。

biabi

脚のむくみ

足がむくんでしまったのは困ったのですが、サンダルをはいて何とかやっていました。
そして、結局33週で早産することになってしまったのです。
出産予定日よりも1ヶ月半も早くに陣痛が始まってしまい、タクシーで当時住んでいた新宿区から、実家近くの横浜市南部にあるかかりつけの病院まで、2時間ぐらいかかって運ばれ、タクシーの中で破水して、どうにか間に合って病院に着いて15分で長男を出産しました。

出産後も、しばらく足のむくみは残っていました。大きいスリッパをはいて過ごしていたのですが、お産の後3週間入院していたので、入院中に徐々にむくみがなくなって、退院するころにはむくみはすっかり取れていました。いろいろバタバタしましたが、結果的にどうにかなって、むくみも治って良かったです。

顔のむくみは体調不良のサインです。

私は寝不足が続くと、だんだん顔がむくんできます。
体調が悪い時は特にむくみがひどいようです。

これは私だけではなく、周りの人も同じようです。
痩せている人は顔もスッキリしているので、むくんでいるのがわかります。

jiabijba

しかし、ぽっちゃり型の人は、普段から顔が丸いので、むくんでいるかどうかがわからないことがあります。
きっと本人は気付いているのかもしれません。

周りの人が早めに顔のむくみに気が付いてあげられれば、体調が悪いのだろうということも早めに察知することができます。

自分の体調は自分で管理しなければいけないのは当然ですが、中には人の為に無理をしてしまう人もいます。

気遣ってもらうのは有りがたいことなのですが、体調が悪くて顔がむくんでいるのに、我慢をしてさらに体調悪化になったら、もっと大変です。
体調が悪くなる前に、早めに休んで治してもらいたいものです。

このように、顔のむくみは健康のバロメーターでもあり、自分はもちろんのこと、周りの人も気が付くサインだと思います。

私は、顔のむくみは体調の変化だと思って見ています。
常に顔のむくみがなく、スッキリとした感じでいられれば一番良いです。

しかし特に女性は、ホルモンのバランスが崩れたり、周期的に顔がむくんだりします。
そういう時は自分でも無理をしないことが一番です。

顔のむくみは、休めのサインかもしれません。
大事に至らない前に、休息を取り、体調を整えたいものです。
時にはサプリメントなどを利用して、基礎体力を上げ、顔がむくまないようにしたいものです。